認定カウンセラー紹介とオンライン相談

このページでは、協会の会食恐怖症克服支援アカデミーの講座を修了し、認定試験にも合格された「会食恐怖症克服支援カウンセラー®︎」の皆さんをご紹介します。

当協会では、ピアサポート・ピアカウンセリング(当事者同士でのサポート)の充実も目指していますので、認定カウンセラーの方も当事者経験のある方が多く「当事者の気持ちがよくわかり、安心して相談できる」ことが特徴です。

オンライン相談を受け付けている方が多いので、悩んでいる方は以下よりオンライン相談をしてみてください。

また、各地域でオフ会などを開催する予定もあるので、お住まいと近い方のラインなどにも登録しておくと良いかもしれません。

会食恐怖症克服支援カウンセラー®︎1級

1級資格は、オンラインでの相談だけではなく、対面での相談についても講習を受け、認定試験を合格された方にのみ与えられます。

かずおかず

主な活動エリア:東京、埼玉、オンライン
ホームページ:https://kazuokazu-kaishoku.jp/
Twitter:https://twitter.com/kowak10
相談先:LINE相談
克服のための無料講座:https://kazuokazu-kaishoku.jp/mail-kaimag/

【自己紹介】
はじめまして、会食恐怖症・嘔吐恐怖症カウンセラーのかずおかずです。

私自身、大学生の時に会食恐怖・嘔吐恐怖に大変悩んでいました。当時は会食恐怖・嘔吐恐怖に関する情報源が少なく、一人で抱え込んでしまい症状を悪化させていました。あのとき自分の悩みを共有して、正しい克服行動に導いてくれる人がいたらなあ・・・と思いカウンセリング活動を開始しました。これまでのべ300人以上のカウンセリングを経験させて頂きました。

関西人なのでおしゃべり好きです。相談者さんとなんでも話せる関係を築けたらと思います。そして、相談者さんに合った正しい克服行動に踏み出すお手伝いができれば幸いです。

LINEでは無料相談を受け付けております。登録された方には無料で克服お役立ち電子書籍「じぶんでなおす会食恐怖症・嘔吐恐怖症」(34P)をお配りしております。また「会食恐怖症・嘔吐恐怖症克服無料メールマガジン(会マグ)」を運営しています。こちらは会食恐怖症・嘔吐恐怖症について学びを深めるテキスト講義をLINEで受講できます。

HP「なおす!会食恐怖症・嘔吐恐怖症」にも様々な克服お役立ち情報を掲載しています。こちらも是非ご覧になってください!
当事者の方へのメッセージ
相談者の方にはとにかく一刻も早く「自分だけではないこと」「克服できること」を知って頂きたいと思います。 恐怖症についての基本的な知識を身に着けて、他に克服に向けて取り組んでいる人がいることを知るだけでも前向きになれます。そして人に悩みを話すことも克服に向けた大きな進歩です。まずはその一歩を踏み出しませんか?

kumi

主な活動エリア:神奈川県、オンライン
Twitter:https://twitter.com/kumi112155
相談先:LINE相談

【自己紹介】
はじめまして、会食恐怖症克服支援認定カウンセラーのkumiと申します。

子供が小学校低学年の時、給食の完食指導によりクラスの皆んなの前で戻してしまい、その事を担任の先生に怒られた事、また事の重大さをすぐに気付けなかったという母親としての至らない所も重なり、会食恐怖症、嘔吐恐怖症を経験しました。当時は親子共々給食と聞くだけでとても憂鬱で「このままずっと食べられなかったらどうしょう、、、」と真っ暗な気持ちでした。

しかし、担任の先生と何度も話し、学校の教室の中まで一緒に登校し、給食を別室で私と一緒に楽しく食べて、とにかく子供が安心出来る環境を出来るだけ多く作った結果、子供が少しずつ変化して、徐々に教室で食べれるようになってきました。

そんな時、偶然、協会代表の山口さんが出演しておられたテレビ番組を子供が見ていました。「僕と同じだ、、、」と、子供が言っていた事がとても印象的でした。この時、私は初めて「会食恐怖症」という言葉を知りました。

「こういう言葉があるんだ、、、」と驚きと自分達以外にも同じ様な症状で悩んでおられる方がいらっしゃる事を知り、直ぐに山口さんの協会ホームページを調べた事を覚えています。

それからは会食恐怖症への知識を深めるため自分なりに勉強してきました。現在は子供の症状もかなり落ち着き学校での昼食や外食などは波はありますが、ほぼ問題なく食べれる様に改善しております。

小学校での「給食が食べれない」という経験は親子共々とても辛い経験でしたが、今ではその経験がカウンセラー活動の大きな糧になっております。「同じ様な辛い経験をされている方の力になりたい」そんな思いからこのカウンセラー活動をさせて頂いております。私達親子の経験が少しでも給食や食に関して悩んでおられる方々のお役にたてれば幸いです。

また、双子育児や転勤族、看護職なども経験しております。子育ての悩み、双子育児の悩み、夫婦間の悩み転勤族である事の悩みなど、一見、食とは直接関係ないと思われる部分も実は関係していたと感じています。こちらもあわせてご相談して頂けたら幸いです。私自身もまだまだ勉強中の身ですが、皆さまと共にカウンセリング活動等を通して、一緒に成長していけたら嬉しいです。どうぞよろしくお願い致します。

当事者の方へのメッセージ
私の食事のモットーは「楽しいからこそたべられる」です!不安や緊張が強いと食べたくても食べれないですよね。リラックスした状態で楽しい気持ちだからこそ食欲も湧いてきます!食に対して安心してリラックス出来るようなアドバイスや寄り添い方を心掛けています。皆さまの日常や食生活が、少しでも明るく軽く温かくなるようにお手伝いさせ頂けたら幸いです!一緒に頑張っていきましょう!コロナの影響もあるのでですが、相談会やオフ会も検討中です。また地域限定ですが個別対面カウンセリングや会食練習会も計画中です!ご興味のある方はLINEのご登録を是非よろしくお願いします!皆さまにお会い出来る事を楽しみにしています。ありがとうございました。

るの


主な活動エリア:大阪、オンライン
Twitter:https://twitter.com/RuNo_95
相談先:LINE相談

【自己紹介】
私自身、会食恐怖症で外食が苦手でした。外食の時に緊張から体調が悪くなってしまったのがきっかけです。1人でフードコートの席に座ることやファーストフード店に入ることさえできない時期もありました。

「克服したいけどどうすればいいのだろう…」
「誰かに相談したい、話を聞いてほしい」
「克服に向けて一緒に頑張れる仲間が欲しい!」

そう思って勇気を出して踏み出した一歩。そこから私は変わることができました。今では外食の時間を楽しむことができるようになっています。

当時の私と同じような気持ちの方がきっとたくさんいるはずです。
会食恐怖症や外食が苦手で悩んでいる方、克服したいと思っている方の力になれたらと思っています。

当事者の方へのメッセージ
私が克服に向けて前に進むことができたのは、山口さんに出会い、同じように悩む仲間と出会えたからだと感じています。相談できる、話を聞いてくれる人の存在、一緒に前に進める仲間の存在はとても大きく心強いです。会食恐怖症に関するお悩みやご相談、些細なことでもお気軽にメッセージください^^この出会いが、皆さまの一歩を踏み出すきっかけになりますように…!

SAYAKA

主な活動エリア:長崎県、福岡県、オンライン
Twitter:https://twitter.com/kaishoku5296
ホームページ:https://riraku01.wordpress.com/
相談先:LINE相談

【自己紹介】
うつ病、パニック障害、嘔吐恐怖、広場恐怖歴あり、様々な認知行動療法に取り組み克服しました。カウンセリングの相談数は200件/月を超える。看護師資格も有り、その点での医療的アドバイスも可能です。私が会食恐怖症を克服できたのは、①克服に導いてくれる方がいたから②適切な克服方法を知ることができたから③克服に向けて一緒に頑張る仲間(コミュニティ)があったから。1人で悩んでいる方の力になれたらと思い、カウンセラーになりました。もともと、会社で実習生や職場体験など学生指導をしていたこともあるので、学生の方からの相談も歓迎しています。

当事者の方へのメッセージ
会食恐怖症を克服するために必要なことが3つあります。①克服したい気持ち②克服のための行動③一緒に克服する仲間克服したい気持ちがあれば、克服できます!適切な克服方法を一人一人に合った方法で、お伝えします!一緒に克服しましょう!不安をコントロールしながら「食べることが怖い」から「食べることが楽しい」に変われるようにお手伝いします!

ミキ


主な活動エリア:兵庫県、オンライン
Twitter:https://twitter.com/MIKI80585749
相談先①:LINE相談
相談先②:メール相談

【自己紹介】
私は、幼稚園や小学校の完食指導や先生の教育指導などの経験から会食に恐怖感を覚えるようになりました。現在は体調により左右されますが、かなり改善傾向にあります。この度、子供の幼稚園での完食指導をきっかけに子供にも症状が見られたため、思いきって勉強し、この活動を広めたいと強く思うようになりました。現在看護師として働きながら、会食恐怖症だけではなく様々な心の悩みを抱えた方の相談を受けております。(うつやパニック、自律神経失調症、発達障害、妊娠中や産後のメンタルケア等)3児の母なので子育てのお悩みもお気軽に、相談ください!

自分の体験から何かお手伝いできたらと思っています。今とても辛い思いをしている方、ひとりで頑張ろうとしている方、どんなことでもいいので相談してみて下さい。

「言える=癒えるです!」

これからの楽しい未来を実現させるお手伝いをさせて下さいね。

くっこ


主な活動エリア:九州(主に福岡・佐賀)、オンライン
Twitter:https://twitter.com/kukko_na
ブログ:https://ameblo.jp/kukko-kaishoku
相談先:LINE相談

【自己紹介】
小学生の時の完食指導がきっかけで会食恐怖症になりました。給食の時間、旅行、みんなが楽しみの会食が私には苦痛で仕方ありませんでした。ずっと一人で「なんで私だけ?」と悩んでいました。そんな時、同じカウンセラーの方の克服プログラムに参加しました。同じ悩みを持つ仲間に出会ってみんなで共感して。正しい方法で支援してもらい、克服することができました。自分のこの経験を生かしたい。一人で悩んでいる人の力になりたい。という気持ちになりカウンセラーを目指しました。

当事者の方へのメッセージ
誰にも話せず一人で悩んでいる方、会食恐怖症を克服したい方m今までたくさん頑張ってこられたと思います。相談することも、一歩踏み出すこと。とても勇気がいると思います。でも一歩踏み出したら変わる未来があります。悩み、辛い気持ち、私にぶつけてください。一歩踏み出してみませんか?

ゆか.N


主な活動エリア:オンライン
Twitter:https://twitter.com/VRU8968hhvTzu9F?s=09
相談先:メール相談

【自己紹介】
幼児期から会食恐怖の症状があり、幼稚園や学校で食べるお弁当や給食では、いつも食べられず苦労してきました。クラスの友だちや先生とのおしゃべりも苦手で、会話をする機会の多い会食場面での緊張が、より強かったように思います。「人と比べて自分はダメだ・・・」と思っていましたが、私が好きなことや得意なことを周りから認めてもらえたことで、少しずつ自信が持てるようになっていきました。

学校生活を送る中で、先生という仕事に憧れ、次第に将来の夢になっていきました。教員を目指し、学生となってからも将来の給食のことが気がかりでした。卒業後、一度教員以外の仕事を選びましたが、夢を諦めきれず、数年経ち、幼稚園の保健の先生として働くことができました。

会食恐怖の症状があるけれど、“学校の先生になりたい”“食に関する仕事がしたい”という方、夢の実現に向けて一緒に考えていきましょう。現在、教育現場や食に関する仕事に就いておられる当事者の方の相談も受付けます。お一人でかかえることなく、お気軽にご連絡ください。

会食恐怖症克服支援カウンセラー®︎2級

2級資格は、オンラインでの相談について学習し、認定試験を合格された方に与えられます。

鈴梨

主な活動エリア:福岡県、オンライン
Twitter:https://twitter.com/suzuri3pm
ブログ:https://www.hsp-suzuri.com/
相談先:LINE相談

【自己紹介】
体調を崩して辛い思いをし、試行錯誤しながら回復してきた経験を相談者の方の明るい未来に活かすことができればいいなという思いと、自分の成長につなげていきたいという思いからカウンセリング活動を始めています。服用経験があり薬についてのリスクを十分理解していて、会食恐怖症だけでなく不安障害の克服経験もあります。また、HSP(Highly Sensitive Person,敏感すぎる人)なので相談者がHSPであった場合、そのことも考慮して相談に乗れます。

当事者の方へのメッセージ
「会食恐怖症は治るもの」と知って練習を重ねていけば、不安を乗り越え、いつか絶対楽しく食べられるようになります。
就職も仕事も恋愛も、ぜんぜん諦めなくて大丈夫です!今もし不安でいっぱいでも、私と一緒に克服していきましょう♪

かんな

主な活動エリア:北海道(札幌市近郊)、オンライン
Twitter:https://twitter.com/tabe_niga
ブログ:https://taberu-happy.hatenablog.com/
相談先:LINE相談

【自己紹介】
わたし自身、食べることに不自由さを感じ、症状だけでなく人間関係にも悩んできました。食べることに関わる別疾患があり、現在も受診をしています。転院(転医)歴もあります。また、内服をしながら働いている看護師です。そんな当事者としての経験も活かして、寄り添える相談相手になりたいと思っています。※現在はオンライン相談を受け付けておりません、オフ会の開催についてのお知らせのみになります

北海道(札幌)でオフ会を予定しています。オフ会は内容として、情報交流会、仲間と出会う会など気軽に参加できそうなものからやって行きたいと思っています。特に参加できそうな地域にお住みの方、オフ会の予定はLINEでお伝えしていくので登録してみてくださいね!

また、居住地が遠い方でもオンラインでのご相談を受け付けています(^_^)わたしは、最近になってやっと長年の〝自分嫌い〟を卒業できました!考え方も少しずつ変わって柔軟になり、生きやすくなったと思います☆
「自分を好きになれない」「自分を責めてしまう」すごく共感できるだけに、そんなあなたの相談相手になれたらと思います。そしてあなたが自分自身を認められるような後押しができたら幸いです!

会食恐怖症の症状克服だけでなく、生きやすくなる考え方・習慣のサポートを大事にしたいと思っているのでこちらに興味のある方、お待ちしています(^^)

当事者の方へのメッセージ
わたしはオフ会や講座を通して仲間と出会い、“ひとりじゃない”と知って救われました。そして仲間の大切さを実感しました。症状に悩み、理解されないことにも悩んでいるあなたの、サポーターかつ仲間になりたいと思います。「食べること」に関する辛さを改善するための方法を一緒に考えていきたいです。そして克服の先に、人間関係や日常生活が充実する、“生きやすい未来”を手に入れて欲しいと思います。「会食恐怖症になったから、変われた!」と、近い将来に前向きに振り返ることが出来る日が来ると信じて、あなたのペースで進んでいきましょう。わたしも一緒に歩んでいきたいです。

なり

主な活動エリア:四国、オンライン
Twitter:https://twitter.com/kaishoku459
相談先①:LINE相談
相談先②:メール相談

【自己紹介】
会食恐怖症を克服するのに練習する人や相談する相手がいないと当時は悩んでいました。そこで山口さんに相談して四国でオフ会を開いてくれたんです。一度大阪のオフ会にも参加したんですが、改めてコミュニティの大切さを実感しました。皆、それぞれ症状などは違うけど同じ悩みを持っているので、否定的ではなくうん、うんと聞いてくれて安心したのを覚えています!オフ会をきっかけに職場の人に練習をお願いすることもできました。なので、少しでも克服出来るきっかけをつくりたいと思い活動をはじめました!

当事者の方へのメッセージ
私は、前なら1人で県外に行くとか考えられませんでした。でも山口さんのお陰で大阪等で開催された講習会で行くきっかけになり大阪で素敵な仲間も出来ました♪四国でもそんな仲間に出会えることを楽しみしています(*^-^*)代表の山口健太さんの著書『会食恐怖症を卒業するために、私たちがやってきたこと』でもあるように【苦しみながらのがんばりは続かない】ということです。なので無理に気負わず自分のペースで楽しく克服しましょう♪ヽ(´▽`)/よろしくお願いします!

そら

主な活動エリア:神奈川県、オンライン
Twitter:https://twitter.com/sora_kaishoku
相談先:LINE相談

【自己紹介】
私はもともと食べるのがとても遅くて、少食でした。幼稚園の時の完食指導がきっかけで、食べることに苦手意識を持つようになり、食べ物を残すことへの罪悪感と周りに合わせなきゃというプレッシャーで会食を避け続けていました。そんな中、山口さんの活動を知って、同じ悩みを持つ人がこんなにいるんだと励みになり、会食恐怖症は克服できるものなんだと前向きな気持ちになりました。今では、家族や1人のときでは問題なく食べることが出来て、不安はあるもののその他の会食は進んで行くことが出来ています。まだまだ、一人で悩んでいる人がいっぱいいると思います。多くの人に会食恐怖症のことを知ってもらい、食に対して前向きになれる人がもっと増えてほしいと思いカウンセラーになりました。

当事者の方へのメッセージ
私も20年以上もの長い間、会食恐怖症に悩んできました。会食恐怖症に対しての情報が少なく、自分だけがおかしいのでは?と何度も考えていたときもあります。同じように悩まれている当事者の方も多いのではないでしょうか。ですが、食べることに不安を持っている方はとてもたくさんいらっしゃいます。どんな小さなことでもご相談してくださいね。会食恐怖症は克服することができるものです。当事者の方が、楽しく前向きになれるようお手伝いが出来たらとても嬉しく思います。

ShiGe-san

主な活動エリア:多摩地区、オンライン
Twitter:https://twitter.com/kaishoku_YCDI
相談先①:LINE相談

【自己紹介】
会社員、ときどき会食恐怖症克服支援カウンセラー、ときどき温熱療術師。東京の西側(多摩地区)を拠点に活動しています。元々は内気でネガティブ思考でしたが、認知行動療法により今はプラス思考に。会食恐怖症を改善、食べることにこだわらなくなりました。私自身が少食で当事者であるからこそわかる気持ちがあるので、同じ症状に悩む人の改善のきっかけ、一歩踏み出すお手伝いが出来ればと思っています。チョコレートが好きで、漫画はONE PIECEが好きです。

当事者の方へのメッセージ
会食恐怖症になる人は、まじめであったり、繊細で心優しい、周りに気遣いをする人になりやすい症状だと感じています。そんな自分を受け入れると明るい充実した日々が待ってます。『トライしてみたい』と感じたら、お気軽にご相談下さい。

ケータ

主な活動エリア:東京近郊、オンライン
SNS:https://twitter.com/kta_kaishoku?s=09
相談先:LINE相談

【自己紹介】
これまで会食恐怖症の克服を目指すためのオフ会を10回以上実施してきました。自分と同じように苦しんでる人をこれ以上増やしたくないし、少しでも減らしていきたい。ぼくが助けてもらったように苦しんでる人の手助けをしていきたいです。会社員だからこその悩みにもお応えできます。会食恐怖症をきっかけに転職経験があり、毎日セルフケアを行っているのでそういったこともお伝えできます。

当事者の方へのメッセージ
ぼくはカウンセラーとしてまだまだ未熟ですが、食べることが大好きだった方は、また会食が楽しめるように、少食の方は会食の場を楽しめるようになるために、一緒に克服を目指していきましょう。

岩田ちひろ

主な活動エリア:オンライン
相談先:メール相談

【自己紹介】
私も会食の際に出るの症状に悩んでいて、家族以外の人との食事の場になると不安と緊張で手が震えてしまうというのが悩みの中でも大きなものでした。会食恐怖症という言葉を聞いて、色々な情報を知っていく中で、”私だけではないし、これは克服することができる”というのがわかったことが前に進める大きなポイントでした。克服への道は平坦なものではないけれど、“なんで私は人と食事をするのがこんなに大変なんだろう、一緒に食事をしたい人と楽しく食事がしたい”と私のように悩んでいる方と一緒に、克服へのサポートができたらいいなと思っています。

当事者の方へのメッセージ
「会食の場に行くと調子が悪くなってしまう…こんなことで悩んでいるのは自分だけかも…」そんな風に悩んでいる方、些細なことでも大丈夫です。お気軽にメッセージくださいね。誰かに話すと楽になるかもしれません。一緒に会食の悩みのない生活を目指しましょう^_^

いった

主な活動エリア:栃木県、オンライン
相談先:メール相談

【自己紹介】
自分と同じような境遇の人と一緒に乗り越えたいと思ったため。

当事者の方へのメッセージ
一緒に克服しましょう!

鈴木

主な活動エリア:東海エリア(主に三重、名古屋)、オンライン
相談先:公式LINE

【自己紹介】
会食恐怖症になって、山口さんのオンラインサロンやスクラムに参加して克服することができて、自分も山口さんのように会食恐怖症で悩んでる人の力になりたいと思っています。気遣いと、思いやりを大切にしています。

当事者の方へのメッセージ
オフ会は三重や愛知でやろうと考えています。克服するために少しずつ焦らず練習を重ねていくと症状も自然と良くなっていくので、楽しく会食の練習をしましょう。よろしくお願いします!

純田千歳

主な活動エリア:鹿児島
Twitter:https://twitter.com/henshokukokufuk
相談先:LINE相談

【自己紹介】
息子が嘔吐恐怖症で学校に行くことができなくなりました。ずっと、嘔吐恐怖症の相談先を探していたところ山口さんと出会い、学びを深めていく中、お子様が嘔吐恐怖などで悩んでいらっしゃる同じお母さんがいたら「嘔吐恐怖があっても大丈夫だよ。」と伝えられたらなと思っています。嘔吐恐怖や給食が辛くて学校に行けなくなり、子どもの将来に不安で悩みを抱えているお母さんたちの力になりたいと思っています。

当事者の方へのメッセージ
私も我が子が給食も一因あり、嘔吐恐怖症で学校に行けなくなり、我が子の将来はどうなってしまうのだろうか。と不安でいっぱいでした。でも、「嘔吐恐怖症があっても大丈夫。」に変わりました。我が子の将来を心配しすぎていただけでした。親が安心基地でいることが大切だときづいたからです。我が子の安心基地になるためには、いつも頑張っているお母さんたち。一日、家事に育児に仕事にめいいっぱいで自分の時間なんてないし、つい子どもに怒りすぎてしまったり・・・そんなお母さんでも子どもにとっては世界一のお母さんです。まずは自分を大切にしてほしいと思います。嘔吐恐怖症があっても大丈夫ですよ。ゆっくり我が子のペースで克服を目指しましょう。

Miyuki


主な活動エリア:北海道、オンライン
相談先①:LINE相談
相談先②:メール相談
Twitter:https://mobile.twitter.com/kokuhuku6832

【自己紹介】
50代。娘2人(20代、10代)がいます。過去に不安障害で服薬の経験があり、不安障害は克服済みです。小学生の頃に発症し会食恐怖症という言葉すら知らなかった時は自分だけ特殊なんだと親にも誰にも相談できず40年ほど苦しみました。ネットで調べ会食恐怖症という聞きなれない言葉を見つけた時、自分と同じ症状ばかりで、『私は病気だったんだ。病気だったなら治る!良かった』と気持ちが楽になりました。同じ症状で苦しんでいる人が他にもいる事を知り、精神疾患は外見ではわからないため自分と同じように誰にも言えず一人で苦しんでいる人のお手伝いをしながら一緒に克服できるならと思いカウンセリングの活動を始めようと思いました。

当事者の方へのメッセージ
適切な行動と考え方で会食恐怖症は克服する事ができます。私自身もまだ克服の途上にいますが、苦痛だった飲み会も今は少しずつですが楽しみに変わってきています。ネガティブ思考もポジティブ思考へ、自分嫌いを自分を大事にできる自分へと変化してきました。私の経験をお話しする事で子育て中の方や、子育てを終えてこれから自分の時間を楽しみたい方も一緒に悩みと向き合い克服できるようお手伝いをさせて頂きたいと思っています。どんな些細な事でも構いませんのでメールやLINEでご相談下さい。

けい


主な活動エリア:関西(大阪・神戸メイン)、オンライン
相談先:LINE相談
Twitter:https://twitter.com/kaishokudekimas?s=09

【自己紹介】
私自身、会食恐怖症・嘔吐恐怖症・パニック障害に悩まされました。しかし周囲の方の助けや会食練習を通して考え方を変えていくことで次第に症状が改善し、今では当時の自分では考えられない程普通に過ごせるようになりました。また、それだけでなく症状に悩まされる前の自分よりも一回りも二回りも成長することが出来、症状がキッカケで自分の人生をより深く味わうことが出来るようになりました。症状改善だけでなく、その先にあるあなたのやりたい事やなりたい姿を見つけ、近付く為の応援も出来ればと思っています。症状のせいでやりたい事やなりたい姿があっても踏み出せない、もしくは症状で頭がいっぱいでやりたい事やなりたい姿など考えられないという方が多くいらっしゃると思います。そんな方が自分の人生をより良く生きる為のお手伝いをしたいです。

当事者の方へのメッセージ
私は「会食恐怖症になって良かった」と心から思っています。なぜなら症状という形で現れた自分の個性と向き合い、症状の改善を通してその個性の活かし方を考えるキッカケとなったからです。もしあなたが症状を改善して自分らしく生きたいと思うなら、是非ご相談して下さるとうれしいです。就活やライフプランに関する相談にも乗ります。

みゆき


主な活動エリア:オンライン、千葉
相談先:LINE相談
Twitter:https://twitter.com/miyuki_kaisyoku

【自己紹介】
自分自身の会食恐怖症をきっかけに克服のための勉強をはじめました。私自身も会食の予定が入ると予期不安、当日は動悸や吐き気に悩まされ、その場では喉が詰まって硬直してしまいます。私は自分の症状を「会食恐怖」だと分かるまでに時間がかかってしまったので、なんで人とご飯を食べると体調が悪くなるんだろう?と悩んでいる人の力になりたいと思い、カウンセラーも目指すことにしました。まだこの症状は完全に克服したと言い切れないので、一緒に悩みを共有することが出来ると思います。

当事者の方へのメッセージ
「なんで自分だけ人とご飯を食べると体調が悪くなるの?」と不安な方、是非メッセージください!一緒に悩みを共有していきましょう。

saho


主な活動エリア:オンライン、岩手県
相談先:LINE相談
Twitter:https://twitter.com/kokuhuku_saho

【自己紹介】
私は幼稚園の頃から会食恐怖症と嘔吐恐怖症で悩み、高校からは摂食障害(拒食・過食)でも悩んできました。幼い頃から“食”への悩みが尽きずにいた私にとって、“食べること”というのはとても難しいことだと感じていました。このまま一生、会食恐怖症で悩み続けるのだろうかと絶望していましたが、カウンセリングなどを通して沢山の人に支えられながら、今では多少の波はありますが、人前で食事をすることへの恐怖心は無くなり、会食の時間を楽しめるようになりました。この自分の悩みや経験を生かしながら、食べることに悩みを抱える方の手助けがしたいと思い、カウンセリングの活動を始めました。

当事者の方へのメッセージ
摂食障害の症状はまだ完治したとは言い切れないので、一緒に悩みを共有しながら克服へと繋げていければなと思います。

Hitomi


主な活動エリア:オンライン、静岡県
相談先:メール相談

【自己紹介】
大学1年生の息子が会食恐怖症ということを知ったのがカウンセラーになったきっかけです。小学4年生の頃からサッカーチームに所属しており、遠征のたびになんとなく緊張している感じでごはんの時間が嫌だといっていました。身体の細い息子は遠征中は、たくさん食べるようにいつも言われていました。それでも何とか中学3年生まではクラブチームで頑張っていました。高校生になりサッカー部に入部、年に一度合宿があったのですが、この頃はご飯の事も何も言わなかったので私もすっかり過去の記憶になっていました。昨秋、息子から「おれ、たぶん会食恐怖症という病気だと思う」と言われました。その時すぐ小学生の頃の息子が思い浮かびました。当時ネットで息子のような症状を調べたことがあったのですが、人と食事をするのが苦手とか、人に見られると食べれないとか、その程度しかわからなかった記憶があります。高校一年生の時と、二年生の部活の合宿の前には、山口健太さんにメールで相談をしていたことを初めて聞きました。そこから私も会食恐怖症についていろいろと調べました。会食恐怖症は克服できるものということもわかりましたので、息子の会食恐怖症を克服するサポートがしたい、そして同じように会食恐怖症で悩んでいる方達の克服する力になれたらという思いで始めました。

当事者の方へのメッセージ
克服したいけどどうしたらいいのかわからない方、誰にも言えずに一人で悩みつらい思いをしている方、相談することはとても勇気のいることですが、ほんの少し勇気を出してみませんか。どんな些細なことでも構いませんので、克服するお手伝いができればと思っています。お気軽にご連絡ください。お子さんがこのような症状で悩んでいる方もご相談くださいね。一緒にお話をしましょう。

てる


主な活動エリア:関西(大阪メイン)、オンライン
相談先:LINE相談
Twitter:https://twitter.com/OVERCOME_2020

【自己紹介】
自分と同じように悩まれている人に対して、少しでも力になりたいという思いから、カウンセリング活動を始めました。私自身、小学生の時に会食恐怖症や嘔吐恐怖症を発症し、15年以上悩まされてきました。大学生になって、自分と同じように悩んでいる人が多くいるということを知り、大学3年生から、会食恐怖症の方々と交流するようになりました。その後、自身の経験を伝えていくということも踏まえて、少しでも力になりたいという思いが強くなり、カウンセラーの資格取得に至りました。・食べなくてもいいカフェ大阪(計画)の運営スタッフや、オンライン、対面問わず、オフ会を何度も開催してきました。

当事者の方へのメッセージ
僕は小学校一年生の時に会食恐怖症と嘔吐恐怖症を発症し、15年以上悩まされてきました。現在は、依然と比べて症状は改善してきていますが、まだ完治はしていません。だからこそ、カウンセラーと相談者という関係ではなく、同志として一緒に悩みを共有し、前に進んでいけたらなと思います。症状のことを周りから理解されず一人で辛い思いをしている方、ほんの些細な事でもかまいませんので、お気軽にご連絡くださいね。

さと

主な活動エリア:オンライン
相談先:メール相談

【自己紹介】
こどもが嘔吐恐怖症、会食恐怖症になったことで、このような症状で悩んでいる人がたくさんいることを知りました。何かお役に立つことができれば、と思い活動を始めました。よろしくお願いいたします。

当事者の方へのメッセージ
小学生のこどもがいます。会食恐怖症について話せる人が周りに少ないと思うので、気軽に話せる存在になれればと思います。

TAKE

主な活動エリア:岡山県、オンライン
相談先:LINE相談

【自己紹介】
考え方や生活習慣を見直すことが大切だと考えています。自分の経験を活かし、少しでも力になれればと思っています。

当事者の方へのメッセージ
やりたいことや目標に向かって一緒に乗り越えましょう

※認定講座の申し込みはこちらより