理事長・山口
こんにちは、当社代表の山口健太です。
ページをご覧いただきありがとうございます。

当社では、会食恐怖症に悩む方が、その症状とうまく向き合い、克服できるようになる為の支援を通して、その方の人生を充実させるお手伝いをしています。

当社の主な活動

当社代表山口は、自身も会食恐怖症を経験した他、活動を進める中でこれまで沢山の会食恐怖症に悩む方と実際に会って話を聞き、沢山のリアルな生の声を聞いてきました。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

(※お悩み相談会の感想)


その中で、

・会食恐怖症克服について具体的な情報が少ない事
・お医者さんでも「よく分からない」という人が多い事
・薬を盲目的に服用し、実は体を壊している人が多い事
・当事者がなかなか周りに理解されずに苦しんでいる事…etc


そしてそれらを社会問題の1つとして捉え、活動している人が殆どいない事を実感しており、当社代表山口はそれらを大きな問題として捉えています。

具体的に言えば、積極的な情報発信(ブログメルマガ書籍の出版など)や、お悩み相談会の実施などを通し、それらの解決の為に奔走しています。(代表のプロフィールについてはこちらをご覧下さい。)

会食恐怖症をどのように考えているか?

会食恐怖症は、社交不安症(SAD)の症例の1つと言われておりますが、当社では会食恐怖症の事を「誰にでも起こり得るもの」だと考えております。


これがどういうことかというと、会食恐怖症になった方の中には、「急に体がおかしくなった」と感じている方もいるかもしれません。

しかし、会食に対して不安や恐怖を感じる事自体は、誰にでもあり得る事ですし、明日、事故に巻き込まれて急に骨折する可能性が誰にでもあるように、今現在、健全な人でも急に症状が現れることはありえるのです。


つまり、「会食恐怖症の種」みたいなものは誰にでも存在し、それが発芽するかどうかはその人の「生き方次第」という事なのです。


じゃあ、どういう人がそれを発芽させてしまうのか?

これを簡単に言うと、「何らかの原因で、自分を大切に出来ていない人」という事になります。


これらの原因は人さまざまですがたとえば、

・親にあるがままの自分を認めてもらえずに育った
・小さい頃イジメに遭って、自信を失くしてしまった
・誰かの言いなりになったり、本音を押し込んでいる
・日々の忙しさのせいで、ストレスが蓄積してしまっている
・食生活が乱れており、体に悪いものばかり摂取している…etc


つまり、会食恐怖症になったのは、身体が「これ以上、この生き方を続けてはいけない」「もっと自分を大事にしようよ!」というサインを発しているという事です。

会食恐怖症になったおかげで・・・

当社は、あなたに会食恐怖症を克服してもらう事を一番の目的としているわけではありません。症状と向き合い克服する事を通して「人生全体を充実」してもらう事を一番の目的としています。

なぜかというと、会食恐怖症を克服出来ても、他の事で不幸になってしまえば意味がないですし、「会食恐怖症を克服出来た時」というのは、「より良い生き方を手に入れた時」とも言えるからです。


実際、これまで克服した方と話した中でも、「会食恐怖症になって良かった!」という話をよくする事があります。

なぜなら、会食恐怖症と向き合う事を通して「自分を大切にする生き方」を学んだり、会食恐怖症を克服する事で、ポジティブな考え方を身につけられる、他人が抱えている悩みをより深く理解できる、当たり前の事に対する感謝の気持ちが芽生えたりするようになるからです。


そして、「会食恐怖症を克服しよう」というように、しっかりと症状と向き合う事も、「自分を大切にする生き方」の1つでもあります。

ですので、まずはその目標で構いませんから、諦めたりすることなく、人生を変える一歩を共に歩んでいきましょう。


当社の活動があなたの人生に、少しでも光をもたらす事が出来れば嬉しく思います。