『「吐くのがこわい」がなくなる本』出版記念オンライン読書会のお知らせ

吐くのがこわいがなくなる本-書影

こんばんは、山口健太です!


今回は、

・出版記念オンライン読書会、開催!

ということでお知らせをお伝えします!


●10月6日(木)の21時〜

『吐くのがこわいがなくなる本』(ダイヤモンド社)

を題材にした、読書会&ワークショップを開催しようと思います!


本の内容から学びを深めながら、参加者さん同士でお話しする時間も設ける予定です。


★お申し込みはこちら
https://ws.formzu.net/dist/S321237450/

参加者の声

参考までに以前『会食恐怖症が治るノート』を題材にした、同じような読書会企画の参加者の声を掲載します。

●同じような境遇の人が多いことに気づけた。私は周りにカミングアウトできていなかったが、参加していた方達はカミングアウトできていた方が多かったので、伝え方の工夫などを聞いて一部周りに伝えてみることができた。(20代・女性)

●自分以外にもこんなに会食恐怖に悩んでいる人たちがいるんだということと、会食恐怖あるあるをシェアできたことが良かったです。(40代・男性)

●やっぱり当事者の方々とお話しできたのが1番印象に残っています。お互いの経験談に共感し合ったり、不安や自分の症状について赤裸々に話したり、どうやって改善していったかの話を聞けたり、「このまま一緒に食事に行きたい・・・」と思いました。(10代・女性)

●実際に山口様より講義を聞いて、当事者の方々とワークを通すことで、書籍を自分で読むだけよりも内容が身に入ってきました。私自身まだ学生で、社会人になったときに回避しづらい会食や、相談の仕方などに不安があったのですが、お茶会などで社会人の方々と話すことが多く、勉強になる話を聞けて良かったと思うことが多くありました。(20代女性)

●当事者の方、そのご家族の方と会食に関する悩みを共有できたこと。自身の会食に対する考え方や症状が出た際の思考を変えるためのヒントが得られた。自己肯定感を上げることの重要性を認識できた。(20代・男性)

●様々な考え方を学べました。また、会食恐怖症以外の日常生活にも活かせるような気持ちの持ち方や考え方も学べて勉強になりました。同じ症状の仲間と話せて救われました。(30代・女性)

●会食の予定があることを相談をしたときに、気持ちをどう持てば良いかなどのアドバイスをいただいた。グループ全員の方が相談にのってくださってチームワークを感じることができ、これから予定する会食もみんながいるから大丈夫だと思えることができた。(20代・女性)

●当事者の方とお話しする事で、悩んでいるのが自分だけではないということや、自分自身では気づけなかった考え方を知ることによって本当に学びとなりました。(30代・男性)

●自分と同じ悩みを持っている方々に出会えたことで、一人ではないと前向きな気持ちになれました。(50代・女性)

●①参加者には既に改善された方や当事者、保護者など様々な方がおり、会話することで改善のヒントをもらったり与えたりできたことがよかった。②書籍を音読してもらい、かつ説明を受けながら読み進めると、より書籍の理解が深まった。(40代・男性)

詳細まとめ

●日程:10月6日(木)21時〜
*途中休憩ありで90分ほどを予定。

●オンライン会議ツールZoomにて実施。
*事前のアプリダウンロードなどが必要です。

●持ち物
・『吐くのがこわいがなくなる本』(ダイヤモンド社)
・メモやペンなど

●参加費:無料

●お申し込みは以下のフォームより
https://ws.formzu.net/dist/S321237450/

当日、(オンライン上ですが)お会いできるのを楽しみにしております。

山口健太